FC2ブログ

明けましておめでとうございます♪

(裏)ジョリーフルールの世界へ、ようこそ・・・

え・・・・あの・・・・ ここ半月
か、、、、完全に
燃え尽き症候群になっていましたww  、、_(┐「ε:)_


12月のフランスから帰国後のすぐの「茨木ハピママフェス」では
本当に沢山の方がご来場いただき、オープンと同時に見たこともない大行列!?(OvO)!
そして、2019年最後のイベントという事で、リピーターの方も沢山かけつけて下さって
嬉しい悲鳴。。。
額からアドレナリンが水滴💧💧のように吹きでました。

また新しい試みの「ファンミーティング」でも、
ジョリーフルールのフランス出展の話など
(興味ない人からすれば、××で××な内容にもかかわらず)
皆様、本当に目キラキラさせて 熱心に話を聞いてくださり


(何ごとにも基本・お断りするジョリーフルールに)
数年前から、熱心にお声がけいただいていて主催者メンバーの方に
「夢が叶いました」なんて優しいお言葉をいただき・・・


なんか。恐れ多くて
JoliFleurはそんな高尚な存在じゃないねんけどー
と思いながらも
生地作って、各地駆け回って、
人と出会い、繋がって
点と点が線になって、線が一周して繋がって円(縁)になって・・・

生地づくり続けてきて良かったなぁ
無謀な目標にも挑戦してきて良かったなぁ・・・・💖💖

ブチンッ!!



・・・・・ 一年の緊張がゆるんだ瞬間
張りつめていたものがブッちぎれ、
何も思いつかず
何もやる気が出ませんでした。。。。

ぐでたま状態で、年末を過ごし(( ̄▽ ̄;)
元旦も笑ってはいけない見ながら、ぐでー(@ ̄ρ ̄@)
年明けもお笑い見ながら、だらーーー_(:3」z)_
三が日も餅食って、おぇーー_:(´ཀ`」 ∠):

冬休みの宿題に、てこずる愛娘に
「なんでもっと早くしとかないねん!」
「スケジュールを立てて動かないからそんなことなんねん!」
「毎日、少しづつやってたら楽やったのに!」
・・・
『パパは、毎日ぼーっと過ごしてるやん!』という正論を突き刺され
死んだように
ふて寝。。。


発注のこと、、
資料のまとめ、、
年明けからの準備、、、
新企画のもろもろの手配、、、、
やらないといけない事、、、、、

やらず。。。


・・・・
このまま
2019年がジョリーフルールの全盛期になってしまうのか・・・・(;゚Д゚)
・・・・

つづく

================
も、、申し遅れました!!
明けましておめでとうございます。
本年もジョリーフルールを、どうぞ宜しくお願い申し上げます🌟
2020年が皆様にとって良い年になりますようお祈り申し上げます
================
スポンサーサイト



パリ出展終了〜!

20191205035501378.jpeg
クリエイションサボァ
初の海外ハンドメイドイベント
5日館 出展終了!

まさかの
事前に送った荷物(マイリトルテイラー)二箱が開催前に届かないというトラブルもあり、波乱の幕開けでした💦( ̄▽ ̄;)

想像以上に言葉の壁も、高く厚く
フランス語が全く聞きとれず、伝わらない。
レンタルしたポケット翻訳機なんて、
全く使う出番なしで

荷物が届かない分、急遽レイアウトも変更と
海外イベントの独自のルールに
事前準備してきた事がことごとく空周り
初めての出展準備は、ホロ苦い経験が多かったです( ; ; )

ただ、始まってみると
フランスを始めヨーロッパの方々、
パリ在住の日本人の方、
日本ツアーやパリ一人旅でこられた女性。
アジアから旅行を兼ねてきた方、
素敵なマダムからパリジェンヌから
お人形さんみたいな女の子まで
たくさんの方に手にとっていただき
とても嬉しかったです!。゚(゚´Д`゚)゚。

また、同じイベントに参加されていた日本の
企業やアーティスト、ディストロビューターの方とも色んなお話が出来て、刺激をいただき、海外イベントについても勉強になりました。

201912050353497bd.jpeg

2019120503534997a.jpeg


出展期間中は、正直とてつもなく疲れましたが
インスタ等で応援のメッセージを頂いたのを励みにし、乗り切った後振り返えると、あっという間でした。得るものもすごく多かった挑戦でした。

4日目、5日目くらいから少し順応し、
半日はAtoZひとりで店頭に立ち
Rayはその間、パリの街を散策し、次回作の構想を練ったり、アイデアを見つけたり、と
二手に分かれて活動していました。

次、また 挑戦するかは正直まったく未定ですが
次こそ、上手くできるだろうという ほのかな自信もあります。
ギャンブルは全くしませんが
ある意味 ハイリスク・ハイリターンの
ハンドメイドに懸けた 旅でした(笑)


クラウドファンディングの際にご支援くださいました方々には本当にありがとうございました❤️
日本に帰った後、少し身体を休め
感謝の想いは、また新たな創作で還元できるように頑張ります。

20191205035349592.jpeg


たくさんの応援ありがとうございました❣️

パリにて 

両足のかかとに太めの目打ち針
両肩と首筋に、まち針
パリの街並み ここに来たのは間違い
そうじゃないと言うために 朝からメトロへかけ足

全員が全員 立ち止まるわけじゃないけど
この場所にこそ やってみる価値があるかも
スペインの女性から「もしかしてジョリーポムの人デスカ?」
もしかして人生は、小説よりも奇なりかも。

需要より重要 自分たちが楽しんでこそ
ヨーロッパ最大級のハンドメイド祭典  見てもなお
ああした方が、こうした方が もっと可愛いはず。と思いつくRay
来年もジョリは安泰かな?笑
広げる 地図と自分たちの可能性
通い慣れたパン屋に ボンソワール パリパリのクロワッサン
薄暗い街に刺す光る光

全身疲労がいう 前進しろと
全面否定されても 前傾姿勢でいこうと
荒唐無稽すぎて 後頭部痛たいこと
でもやってやれない事なんて何一つないもの

得るもんがあるから 燃えるもの
僕達に出来て、あなたに出来ないことなんてない。
僕達にしか出来こと今日も探すため
あと2日頑張ります。

Rord To Paris - その5-

Rord To Paris - その5-
~不思議な偶然の一致だね~

明日、立ちます。
「耳をすませば」の誠司くんなら 雫さんを
送り届けて夜道をチャリで疾走してる といったところ。

色々、
ほんと色々 準備万端といかない事があるけど
ま、それも今の実力のうち。
この旅もまたジョリを成長させると信じて。


語彙力が足らず、
どう伝えていいか わからないけど
ジョリーフルールの生地を本格的に自分達で作りだして
感じる あの気持ち。

デジャブとは違う
セレンディピティとは違う
あのパズルのピースが ピタリとはまるような
地球屋のオヤジがいった「不思議な偶然の一致だね」的な
奇妙で素敵な感覚。

20191125000259949.jpeg


昔、仕事していた時 倉庫の中から
マリクレールというブランドの販促物/発泡パネルが
わんさか出てきて 捨てるのはもったいないと
いつかジョリーフルールの出展の時に使えるかな(上から何か貼って)と
数枚 貰ってかえりました。

フランスに行く前に掃除をしていた際、
ラスト一枚だけ ひょっこり出てきましたので
あ!ちょうど良かったと説明文の紙を上から
貼ろうとした時・・・


ゾワ
と、
鳥肌が。


「マリクレール」
日本ではアパレルなどのライセンスブランドでも有名ですが
元々はフランスのファッション雑誌の名前。。
そして、今回参加する「クリエイションズ・サボァ」というイベント、、、

主催する会社、、、
「マリクレール(IDEE)」

もう。
最初から
挑戦するってことが、決まってたかのような
数年前、ふと、貰って帰ったパネルの文字が
明日から挑戦するイベントと繋がってる
不思議な偶然の一致❗️


打算と物見遊山の気持ちが、消し飛んで。
頑張って来ます!
行ってきます!

Rord To Paris - その4-

Rord To Paris - その4-
~マイナス思考で弱腰の考え~

基本、マイナス思考で弱腰のぼくは、
AtoZ「在庫たくさん売れ残っても怖いから、生地全種類 ほどよく持っていこうか(;・∀・||)」
Ray「え?だめでしょ(*´▽`*)」
Ray「やるからには、フルパワーでいきましょう

後先考えない、(考えてるけど)
無謀な挑戦に、(最初からわかってたけど)
「パリで出展しました💖(*´▽`*)テヘ」ってあざとい宣伝文句より
「パリでセンセーショナル巻き起こしてきました🌟」って言えるよう
もう覚悟を決めよう。

201911131529040dd.jpeg
フランス出展に合わせ、ディスプレイも目立つよう 秘密兵器を製作!!
遊牧民の大移動的な、むちゃくちゃ大荷物になりそう( ̄▽ ̄;)

Rord To Paris - その3-

Rord To Paris - その3-
~スケジュールと出展する理由(いまさら)~

いよいよ 二週間後に近づいてきました
「Créations & savoir-faire」

CSF19_pôle_nouveauté_nuancier (1)


11月はいってからも、なかなか 実感がわかなかったのですが
いよいよ焦ってきました・・・

スケジュールはこんな感じです


☆+:;;;;;;:+☆+:;;;;;;:+☆+:;;;;;;:+☆+:;;;;;;:+☆+:;;;;;;:+☆+:;;;;;;:+
Créations & savoir-faire 
会場 パリ ポルトドゥベルサイユ(大阪でいうとインテックスみたいなところ)
〇11月26日(火)・・・前日搬入
●11月27日(水)・・・初日
●11月28日(木)・・・2日目 なんとこの日はレイトディ 21時まで(;・∀・)
●11月29日(金)・・・3日目
●11月30日(土)・・・4日目
●12月1日(日)・・・最終日
☆+:;;;;;;:+☆+:;;;;;;:+☆+:;;;;;;:+☆+:;;;;;;:+☆+:;;;;;;:+☆+:;;;;;;:+

あらためて見るとタフな日程( ̄▽ ̄;)
ロハスフェスタ3日間も、結構ハードですが・・・
交代制で出展してた百貨店ではなく・・・
5日間の連続出展はジョリーフルールとしては初めて。
しかも海外だし(-_-;)

会場の近くにマクドがあるらしいので、不安になったら
そこに駆け込んでWチーズバーガー食べて心を落ち着けよう(笑)


--------------------------------------

たくさんの方から多大な寄付もいただきましたので
どうしても 海外旅行みたいな気分にはなれず

いまさらになって、なぜCréations & savoir-faireに出るのか??
って理由を自問自答してます(笑)

こまごました理由は多々ありますが
大きいこれ!!っていうの ずっと考えてたのですが

自分たちジョリーフルールとしては、
「広く知れ渡るより、深く愛される生地を」
ってテーマで。

「深く愛される生地」って、何?って考えた時。
もちろん、デザイン面も大事ですが
「深く愛される生地」って、
応援したくなる生地なんじゃないか。って思いました。
応援したい生地って、何?って考えた時。
それは、何かに挑戦してる生地なんだと思いました。

ポムからフルールまで
応援してくれていた人が、新柄出すより
びっくりする挑戦とは??
今までとは違う新しいこと。
自分たちにとっても無理ちゃうか?ってこと。

 「パリで出展してみよう」??
みたいな感じで。

メジャー手芸店に並ぶより
誰もジョリーフルール 知らない人の中に
自分たちで飛び込んで 失敗するさま 挫折するさま
でも それを糧にして成長する姿をみせること ジョリーフルールらしいなぁと思って。
甘いかもしれませんが。

あー。
ジョリにもできるなら、私にもできるわ!!
ジョリも同じように 何かに
チャレンジしてるんだから、私もこの壁 乗り越える。
みたいな。
甘いかもしれませんが。

メーカーと消費者じゃなくて
同じ一枚の生地とハンドメイドで繋がった 仲間みたいに
押しつけがましい理想論かもしれませんが・・

でも
そんな生地、他にないでしょ。

Rord To Paris - その2-

Rord To Paris - その2-
~欲深いものには、何も与えらない~

5月のクラウドファンディングで発表した「フランス出展計画」ですが
昨年末・・ですのでがっつり1年前くらいから、構想をたて、
自分たちで行けるのか、模索しておりました。


AtoZは、仕事関係で中国の工場見学や社員旅行、
My Little Tailorの工場確認の為 数回だけ 海外に行ったことはありましたが
Rayさんは、まったくの初めて。

具体的に進めるにあたり、フランスに何度も渡航歴のある
友人ひろさんに 仲間になってもらいたく、打ち明けると 以外にもあっさり
一緒に行ってもOK!で、自分たちよりも なんだったら乗り気wで
色々教えてくれました。

ここからは、超・地味なんですが
「Créations & savoir-faire」のホームページを片っ端から訳して
(もちろんGoogle翻訳にコピー&ペースト)フランスの担当者にメールして
質問しまくり、何とか登録、出展料の送金、出展決定にこぎつけて
まだ解決してない
「現地でのレンタル机の件」と、「出展の小間位置・そろそろまだなの?」など 
疑問があるのですが何とか進めています。

・・・事務局から出展のチラシが来ていたので、何とか通じてるよね??と信じているのですが
いまだ心配です💦


========

イベントのエントリーに目途が立った後、
「宿泊場所」と「飛行機往復」の手配。。。

パセポートセンターに駆け込みGet。
なるべく費用は抑えめの、北京乗り継ぎのコース。
約半年以上も前から予約してたので 費用は抑え目にできました。
ホテルは、よくCMで見る海外ホテル予約サイトで
会場のポルトドゥベルサイユにほど近い(アパート的間取りのホテル)・アパルトマン・・何かカッコいい響き?で
決めました。
(ここでも比較サイトを比較しまくりました)

========

ある程度、手配が整って 少し安心した頃、あるメールが届きました。

現地ホテルでダブルブッキングになり、予約ができません。

(;゚Д゚)?
ダブ? 何?? 和泉元彌??ダブルブッキング??
半泣きになりながらソッコーで予約会社に電話し、
「何とかしてよ」の一点張り。
代替えのホテルは、会場から遠かったり、せまかったり、

------
予約していたのは10カ月前で、宿泊費も安かった場所が、
日がたつごとに、グングン上昇 パリ価格が上がっていました(;・∀・)ヒィー
後に聞くと 海外旅行する方からすれば DBはよくある事だそう…
------

某海外ホテル予約サイトの代替えを出してくた担当もコロコロ変わり
提案してくれたホテルも、一長一短・・・よさげな所も、確認したらやっぱり
予約うまってました(;'∀')など  あせるあせる。
いよいよ、ヤバくない??と
僕の唯一の武器「何とかしてよ」を振り回してると。

偉い方がでてきて、お客様・・・ 特別に・・・
「窓からエッフェル塔が見える高級ホテル」や、
「45㎡のベットが何個もあるアパルトマン」はいかがでしょう??
的な スペシャルな提案!!キターーー
ただ会場から2-3Kmと ちょっと遠く、、、
5日間あるイベントで毎日往復がネック!・・・・( ノД`)どーしよ

ピーーーーーーーー[emoji:i-189(;゚Д゚)]ーーーーーーーーン
こ、、、このまま ダダこねまっくってたら 安宿が もっと  もーーーーと良い部屋提案されるんちゃうん??(; ・`д・´)
会場そばの星付きのホテル!?エントランスが中世の絵画のホテル!?い、、いけるぞーーー

と。その偉い方にも、また
僕の唯一の武器「何とかしてよ」を
こちらの希望は、会場から近く当初の広さは確保してほしいと説明してると。。。。


担当「ありましたっ
AtoZ「よ、ヨっしゃー!!( ゚Д゚)(まじか!?フランスちょろいぜ!!)」

担当「一番最初のホテルです」
AtoZ「へ?( ゚Д゚)」
担当「いやぁ、現地のホテルに直接交渉し、部屋を2つ用意しました!お客様のご希望の会場から近く部屋も広いです」
AtoZ「窓からエッフェル塔?( ゚Д゚)」
担当「見えません。お・客・様の第・一・希・望のと・お・り、会場からの距離は同じです」
(ぐむむ。こいつ出来るヤツや・・・)
AtoZ「な、、なんか、あ、有難うございます??( ノД`)」
抜いた刀、さやに入らず、自分の腹に刺さる感覚・・・


一生に一度泊れるか泊まれないかの窓からエッフェル塔が見えるホテルーーーー泣
人の夢と書いて儚い パリの洗礼
欲深いものには、何も与えらない?という教えに
愚かな自分が一刀両断。

紆余曲折と見せかけて、何も変わらず
結局 最初のホテルで予約できました(;・∀・||)チーーーーーン

Rord To Paris - その1 -

Rord To Paris - その1 -

11月27日~12月1日まで
フランスパリで、開催されますCréations & savoir-faire(クリエイションズサボァ)に出展いたします
https://www.creations-savoir-faire.com/

いよいよ迫ってまいりました11月!
Instagramでは載せれない?
写真1枚では語れない
細かいことなど 何度かにわたってお知らせできたらなぁ と。

初の海外
初の海外での出展
ヨーロッパ最大級のハンドメイドイベント
言葉の通じない世界
有言実行 と
パリ行きます詐欺の間で
やらない後悔よりやって後悔
最大の挑戦するなら世界を舞台に
とりあえず一回やってみよう

縁や応援やタイミングがすべてピタリとはまっていく感覚
「夢」なんて言ったら、少し架空の感じになるから
もう「予定」って言っちゃった方が楽w

Jolifleurの生地が、海外の方にもウケるのか?
素敵なパリジェンヌや、センスあるヨーロッパのバイヤーより
昔から いち早く ジョリの応援してくださった皆様のほうが
先見の明があることを 証明してきます。

それまでの、ドタバタ劇を
数回にわたってご報告していきます♪