色が出来るまで


☆JoliFleur la Toileの色が出来るまで☆
海外のコラージュアート、海外の絵本の表紙の色彩、ファッションのポートレート、風景の写真、
トレレンドカラー、町で見かけたスナップ、インテリア、色彩検定で習った配色手法(カマイユ配色や中差色相配色)
いつかに備えて集めた素材を活かして AtoZが配色候補をつくる


そのほとんどが却下


結局Rayのこのみの色に絞られる


こっそり、僕のお気に入りの配色候補をねじ込む
絞られる


そこから12色を印刷
全部ならべて、最終の検討


ここからRayが、実際の生地の色ピッチ(カットサンプル)を付けて、微妙な色みを調整かけます。
紙だとつやがありますが、プリント布地はすこしマットに仕上がりますので、
細かい色指示が大切になります。この時点で10色に絞っています。
工場さんへの指示書を作ります。

PCで見ると色がけっこう変わるなぁ(ノД`)・゜・。


ここから、色マスと呼ばれる
本番のプリント生地の機械用の型を彫り
色サンプルを作っていきます。
スポンサーサイト