秋の夜と月とポエム

皆さまの声に、言葉に、気遣いと期待に

震えるくらい、嬉しいわ。

目の前の山も乗り越えれるわ。


ジョリを最初から、応援してくれる方へ。
涙した出来事を共に過ごしても、今も繋がっていてくれてる
存在証明みたいに、頑張り続けるから。最後まで見届けてね。

ジョリを最近、知ってくれた方へ。
ありがとう。こんな うさんくさいブログに付き合ってくれて。
大切なポムを、今から自分たちで超えていくから。最後まで見守ってね。



きっと。
僕たちは、会うことはないでしょう。

感謝の気持ちも、文字じゃ びっくりするくらい綺麗事になる。


きっと。
僕は、お礼やこの気持ち 面と向かっていえる日 来ないでしょう。

んなことくらい、大人だしわかってる。


ただ、このブログに集った僕たちと皆様は
人とは違う。周りの人とか、一般論とか、常識とか。

何かを発信し続け
生み出し続け、伝え続け、作り続けて、歩み続けるから
たどり着いて、今この時、繋がってる。



同じ秋の月の下、
いつか来るかもしれない日、
可能性、信じて。柄にも なく祈って。


ドイツ語でアウフヘーベン。
互いが関わりあい、お互いが高めあっていける間柄。
僕たちと皆様は、そんな関係になれたらな(*´∀`*)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する