春の歌

駅のホームには真っ黒なコートの人ばかり
暖かな光と空の青が急に似つかわしく思う。
出会いと別れの季節、学生たち
僕たち大人も歩んだ季節に、微笑ましくもある

空は見透かしたように澄んで綺麗
冷たい風吹いてるのに、柔らな陽射し
照らされた、今にも咲きそうな蕾
少しづつ明るく変わってる樹々の緑

待ち遠しい癖にそれが恥ずかしくもある
楽しみにしてるのにどこか照れくさくもある
かといって、その季節が僕に何かを告げるでもなく
あの頃、通った場所にも変わらない風
蘇る 甘く苦い記憶すら、今は鼻で笑える

本当に運命の人なら いつか また会える
幼く淡い そんな気持ちで 握手交わした
そう言った人から順に未だ、会えないでいる
ということは、そういうこと だと前向きに気付けるはず

やりたくても、出来ないこと
なりたくても、なれないこと
知りたくても、わからないこと
そんな事ばかり、あるのかも。
とかいって、
そんな事あまり、ないのかも。

もう、一歩だけ踏み出すような、そっと背中を押してくれるような
勇気をくれる 春の歌。
スポンサーサイト

コメント

かおりえる様

いつも、コメントいただきありがとうございます!
玄関に飾っていただけるなんて、『照れますねー』ですo(^▽^)o

昨日のブログにて、『公式』に新配色は、出していないことを
お伝えさせていただきます。遅くなり、申し訳ありませんでした。
ジョリジョリファンクラブ(なんてファンキーな名前w、もう公式に認定っすよ〜ww)の皆様にも
御理解いただけますよう、お願いします。

かおりえる様がおしゃって下さいました
カラー展開と、柄の配置や、モチーフのバランスは、ジョリーポムにしろ
妹のラトワールにしろ、メチャメチャこだわりを持って作ってます。
ましてや 配色なんて、レイが納得するまで(生産の直前までやり直したり)作っていました。
モチーフの反転なんて、あり得ません。

ただ、そういった内に秘めた事が
いつも使ってくださる作家さんには、ちゃんと伝わっていたんだと思うと
とても嬉しかったです…(≧∇≦)

言葉足らずで、満足できるお答えになっていないかと思いますが
ジョリーポム、ジョリーフルールを これからも、宜しくお願い致します(=´∀`)人(´∀`=)

2016/03/16 (Wed) 23:07 | AtoZ #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する